従来の光脱毛がパワーアップしたSSC方式脱毛

従来の脱毛方法を改善したSSC方式の特徴

従来の光脱毛は、黒色のメラニン色素に反応して光が照射される仕組みでした。この方法では、日焼けなどをして肌が黒くなると、その色に反応してしまい、肌にもダメージを与えることもありますし、光が届きにくい毛穴奥にはダメージを与えにくいという欠点がありました。そんな欠点を改善したのがSSC方式脱毛です。SSC方式の脱毛機で使う光は、メラニン色素に反応する脱毛機とは異なる光を使用し、肌へのダメージを軽減しています。また、SSC方式では、ジェルを塗るのが大きな特徴です。このジェルの中には、抑毛作用のある粒が含まれています。光を照射するとこの粒が反応して、毛穴に成分が浸透していきます。SSC方式では、光で毛根にダメージを与えるのではなく、ジェルが浸透することでの効果なので、光が届かないような毛穴の奥にも効果を発揮しやすいです。

従来の脱毛方法よりも短期間で脱毛が完了

SSC方式は、ジェルに含まれる抑毛成分によって効果が得られるため、短期間で効果を実感する人もいます。従来の脱毛方法では、効果を実感するまでに10~12回というのが目安でしたが、SSC方式では8~10回程度が効果を実感するまでの目安です。回数だけで見ると2回程度の差なので、それほど違いがないと思ってしまいますが、SSC方式では毛周期を考慮することなく施術が受けられます。従来の脱毛方法では、成長期にある毛根にしかダメージを与えることができないために、2~3ヶ月おきに施術を受けていました。しかし、SSC方式脱毛であれば、成分が直接毛根に浸透するので、毛周期に関係なく施術を受けることができます。そのため、2週間程度の周期でサロンに通えば、半年程度で脱毛が完了する人もいます。